私が,緑内障?

ブログ訪問ありがとうございます

一期一会,あなたとの出会いを大切にしたいと思います

当ブログでは,お金に関する役に立つ情報を中心に皆様にお届けしたいと思います

尚,お金だけではなく,健康に役立つ本当の情報もUPしていきます

お金や健康に関することなら,どんなことでも構いませんのでご相談下さい


メールは以下
松山和敬 メールアドレス


本題に入ります


まさか,私が,緑内障に懸かるとは,思いませんでした.
病気ってなりたくてなる人はいませんよね.
最初は、視力低下の自覚でした。

近視と乱視で元々、メガネをかけていたのですが映画を観ていて、字幕が見にくくなってきたので、

メガネが合わなくなってきたのかなと思っていてしばらくそのままだったのですが、

目が疲れやすくなったり、目の奥が痛いような、圧迫感を感じるようになってきたので、

眼科を受診しました。
(今から思えば、この頃は仕事が忙しく、相当なストレスがあった。
ストレスを上手にコントロールできていない時期でした。若かったせいもあります)

眼科で、少し眼圧が高いね。(眼圧は20前後だったかな)緑内障と言われ。キサラタンの目薬を点すようにと言われました。

緑内障と言われたときは、ガーン、というようなショックというか、なんで私が、将来、失明?という不安が頭をよぎりました。

それから自分なりに、本やネットで情報を収集しましたが、どれも不安が増すようなことばかり。

病気について調べるのは嫌になりました。ホントに緑内障なのか、自分で納得がいきませんでした

町の小さな眼科では、病気について詳しく説明してもらえなかったし、心配だったので、別の眼科を受診することにしました。

まあ、結果は、診断は同じ緑内障(解放隅角緑内障)。

眼圧が高いのと、視神経乳頭の血流障害。視野はそれほどでもない。
二つ目の眼科では病気について詳しく説明して頂いたので少しは、納得できました。

あれから。初診から10年ほどたった現在も、この眼科に通院中です。
(3か月に一回受診、視野検査は半年に一回)。眼圧は15~17ほど。

視野の障害も進行していないし、至って普通の生活を過ごせています。
定期的に病院を受診していれば、そう心配することはないですよ。(緑内障患者の先輩より)

長く生きていればきっと医学は進歩します。

新日本科学 ニュースリリース2013年7月3日より

<新日本科学は、iPS 細胞から分化誘導した網膜色素上皮細胞移植による加齢黄斑変性症の新たな治療法の開発を目指す日本網膜研究所と業務提携契約を締結した。>

 加齢黄斑変性症では研究が進んでいますし、緑内障についても今後、治療の技術が進歩することを期待しています。iPS細胞、再生医療に期待しましょう。そう思って生きています。



最後まで,お付き合い下さいまして,誠にありがとうございます

今回の情報が皆様に少しでもお役に立てれば幸いかと存じます

本当に役に立つ価値のある情報を皆様に今後もお届けしたいと思います

ブログの感想等,お待ちしております

人生は一度です,後悔のないよう

お金持ちで幸せな人生を過ごしましょう.



松山和敬

この記事へのコメント